防寒着知識

厳冬期の釣りを快適にする防寒着は

四季折々で釣り物が変わる日本列島です。その中でも冬シーズンは水温も低く、釣りの対象魚はかなり少なくなってしまうものの、カレイや根魚など、温かい煮物や鍋にして美味しい白身魚のベストシーズンでもあります。これらの魚を釣るには厳寒の海岸線で何時間も粘る我慢の釣りが要求されます。もちろん外気は刺す様に冷たく、全身の防寒は必須となる訳です。早ければ秋後半から釣具店やアウトドアショップの店頭にはこうしたアクティビティーに適した防寒着が並び始めます。高級・高機能な防寒着はゴアテックス製を始め機能面で大変優れていますが、その分高価でもあり、初心者にとっては中々手を出しにくいものです。ですが現在の防寒着はエントリークラスでも十分な防寒性とファッション性、そして機能的なデザインを確保しており、全く不便は感じません。野外での動き易さを優先するのであれば、ジャケット等のアウターは少し薄手にする一方、インナーに厚手のニットを着た方が、身体の動きが邪魔されず快適です。

釣りに行くときの防寒着

川や海に釣りに行くときには、自宅を出発した時は温暖な気候であっても現地では急に天気が変わることもあるので防寒の準備は重要です。水場でのスポーツであることから、魚を釣り上げた時やリールを巻いて糸から跳ねる水が自分にかかることも多いため、防寒着には一番上に防水性が高い素材を使用した上着が必要になります。保温性の高い上着はもちろんですが、下に着るインナーもしっかりと着用して寒さを防ぐ必要です。寒さは足元からも来ることから、靴下は厚手のものを着用して靴も防寒性と防水性があるブーツタイプなら安心です。他にも、手袋や耳当て、ネックウォーマーやニット帽などの小物も持参しておくと安心です。釣りを楽しむ時の服装は、温かさを確保しながらも動きやすさも重要になります。首元にはほどけてしまうこともあるマフラーを避けてネックウォーマーにしたり、頭には風が吹いて取れてしまいがちなフードではなく帽子にするなどの工夫も必要です。

check


△トップへ