防寒着知識

防寒着と素材の意外な関係

防寒着は、アウターとミドルウェア、そしてアンダーという三つの種類に区分されることが多く、それぞれのカテゴリーごとに適している素材というものがあります。アウターは、一番上に着ることになるジャケットやコートを意味していて、最も大切な機能は外部からの風を遮断することと、体から放出された体温を外部に逃さいことです。そのため、空気が通過しにくい素材が向いていると言えます。具体的にはナイロンなどの機密性が高い生地を使うと最適です。縫い目が詰まっている帆布のようなコットンの表面に、コーティングをして防風性や防水性を高めた生地もジャケットによく使用されています。そして、中間着に求められるのは、できるだけ温かい空気を蓄えることができる素材です。フリースやウールなど繊維の毛足が長いものが最適とされているのです。これらの生地は、繊維の端から端まで空気を蓄えることができるという点にあります。下着も同様に生地が厚く、空気を取り込むことができるものが温かいのです。

真冬の防寒着は素材に注意して購入しましょう

外出の際に思わず身震いしてしまう寒い日が続くような季節になると暖かい格好をせずに外出すれば風邪をひいてしまいかねません。そんな寒さから身を守るにどのような防寒着が最も優れているかということは、なかなか一言でいうことは難しいですが、とにかく軽くて風を通しにくいものがおすすめです。最近では化学繊維の発達で熱を溜め込む性質のものや、人間の体温や湿気でもって再度熱を作り出せるようなハイテク繊維の物が流通しており、性能も良くコストパフォーマンスも年々良くなってきており、お求めやすくなってきております。植物由来・動物由来の天然素材のものも暖かさや肌触りの良さ、そしてやはり何世代にも渡って人類が使ってきた安心さは大きな魅力です。もちろん特定の毛皮などはとても高価ですし、着ていく場所も限られてしまうものですが、一般的なものは安価で安心な商品も多く出回っております。素材の特性をよく理解して防寒着選びをしていきましょう。

recommend

オメガ コンステレーションの買取

最終更新日:2017/7/3


△トップへ